がん患者さんの治療

癌患者さんの治療をしていて思うこと

①癌細胞が消えているのに再発予防のために

抗癌剤を使い続け強い副作用で苦しむ患者さん

②放射線や抗がん剤を使っても癌細胞が全身に転移

痛みはあるが鍼で疼痛のコントロールができる元気な患者さん

①の症例は抗癌剤を使っていない期間の健康状態は極めて良好

胃の気の脈も有力、食欲もあり生活に困ることは無い

鍼治療にも良い反応を示し、免疫力を高めることが癌の再発予防となる

抗癌剤って本当に必要なのでしょうか?

②の症例は元々体力があるので、抗癌剤の副作用を自覚しない

胃の気の脈は有力、痛みは鍼治療で緩解するので、ペインコントロール

をしながら癌との共存を目指す

今日の中日新聞に掲載された近藤誠医師の「がんと闘うな放置が一番」

という記事を見た人も多いと思う

このような抗癌剤や放射線にに頼らない治療をする医師は

少しずつではあるが増えてきている

そこに共通するのは、免疫力を上げることで、がんを予防し、治す力を生む

という強い信念を医師が持っていることだ

そこに東洋医学の介入する余地は大いにあり

抗癌剤に頼らないという

患者さんのしっかりした意志があれば、

がんは鍼灸治療の相対的適応症ともいえる