1本鍼による著効を得た症例その2 肩関節周囲炎

「1本鍼による著効を得た症例その2 肩関節周囲炎」

患 者:40才男性

主 訴:右肩関節痛

現病歴:1ヶ月前から右肩関節、肩甲部の痛みが発症、庭師の仕事柄、重いものを上に持ち上げられない。右を下にして寝ると夜間痛で眠れない。
脈 診:浮滑
舌 診:淡紅色、微黄苔、舌尖紅刺
腹 診:心窩に発汗、脾募、肝の相火に邪を認める
弁 証:胆経経絡経筋病
処 置:30㎜3番鍼で左陽陵泉に10分置鍼
経 過:治療直後に肩関節の痛みが消失。

考 察:空間的な気の偏在により、右肩関節の痛みが左胆経の気の滞りを生じたと考えられる。
あまりにも簡単に痛みが消失し、しかも痛い部位はまったく触れていないし、鍼もしていないため、患者さんは狐につままれたような表情が印象的でした。その後の経過も良好です。

1本鍼により著効を得た症例その1帯状疱疹後神経痛

「1本鍼により著効を得た症例その1帯状疱疹後神経痛」

患 者:39歳女性

主 訴:帯状疱疹後神経痛による左半身の痛み

現病歴:32歳のときに下腹部の帯状疱疹を発症、水胞は一時治ったように思えたが一年後ぐらいから疲れたり、寒暖の差によって頭部顔面から足の先までの左側半身のヒリヒリする痛みを感じるようになる。VAS法による痛みの程度は発症時を10とすると現在は5、体力もなくなり仕事の継続が困難。

脈 診:沈墟細
舌 診:淡紅色、薄白苔、胖大、歯痕
腹 診:肝の相火、胃土に邪を認める
弁 証:肝鬱気滞・腎気虚症

処 置:30㎜3番鍼で百会左に10分間置鍼、腹臥位で右肝兪に10分間置鍼。

経 過:脈が少し浮いて有力になり、治療中は眠くなって気持ちが良かったとのこと。週に2回の治療を始め、第4診目より左半身のヒリヒリする痛みを感じなくなって、日常生活でも疲れにくくなってくる。眼の下にあったクマがなくなる。

考 察:帯状疱疹後神経痛の慢性化した症例は西洋医学では治りにくいものですが、中医学の弁証論治によって、1本の鍼だけで早期に著効を示した。
気の流れの偏りによって半身の痛みが慢性化していたが、百会左と右肝兪の鍼治療によって、左右の気の流れのバランスが整ったと考えます。

少数鍼について

〔少数鍼とは〕

当院では、初診の患者さまに治療する際に使用する鍼はほとんど1本~多くて3~4本程度です。
なぜそんなに少ないのかということをご説明します。

HPの治療の流れにも記載していますが、中医学では四診といい望診・聞診・問診・切診という独特の診察法によって、弁証という中医学でいう病名(体の状態)を決定します。

さまざまな症状の根本的な問題点を探って、弁証が決まればその証にしたがってツボを探っていきます。最も反応が良く出ているツボ、特に左右差の大きなツボに1~2本鍼を打ち、10分置鍼しておきます。治療後に脈が整っていれば、治療を終了します。場合によってはお灸をしてツボの左右のバランスを整えます。

痛みのあるツボにたくさん鍼を打つ治療と比べて、患者さまの体の負担が少なく、初めて鍼治療をうける方でも緊張されることなくリラックスし治療が受けられます。また少数鍼は、気の流れを整える効果が高いので、痛みの疾患の場合は特に治療直後に効果が確認できます。

いかに、少ない鍼で効果を出すのかが鍼灸師の腕の見せ所といえます。

日本不妊カウンセリング学会

【日本不妊カウンセリング学会参加報告】
 
 5月31日から2日間東京の虎ノ門で、上記の学会に参加してきました。
不妊症で悩むご夫婦の、精神的なケアをし、適切な治療のアドバイスをする専門の「認定不妊カウンセラー」を目指すための勉強です。

妊娠を望み2年以上夫婦生活を営んでも妊娠に恵まれない場合を「不妊症」と定義し日本人は約10%あるといわれています。

 「赤ちゃんはまだ?」結婚した夫婦に対する周囲の何気ないこの一言に、心が傷つき悩む女性は少なくないと思います。この言葉には、わが国に伝統的な、根強い「子供のいる幸せな家庭」という暗黙の了解や、周囲からの跡継ぎに対する期待がこめられているだけに、なおさら子宝に恵まれない夫婦、ことに妻にとってはつらい響きを帯びて聞こえるのです。
 
 かって、子供は子宝としいわれ、授かるものと考えられていたが、最近の医学、医療の進歩および人々の価値観の変遷に伴い、子供は産まれるものから産むものへ、さらに、つくるもの、また、つくられるものへと、その捉え方が変わりつつあります。
 ただ、子宝に恵まれない人々が最先端の医療に対して期待を持っていることも事実です。その一方、医療や人生に対する選択肢が増したために、かえって悩みや不安を抱く人が生じている事実は否めません。ところが、子供ができないことを恥ずかしいこととして相談を躊躇したり、あるいは相談することでその恥を世間に知られるのではないかという恐れが伴うため、なかなか相談できず、その結果、また一人で悩むという悪循環に陥りやすい傾向は今でも根強くみられます。

こうした不妊の人々の悩みに応えるべく、この分野においてもカウンセリングの必要性がうたわれ始めたわけです。
カウンセリングの役割としては大きく以下の3つがあげられます。
‐霾鹹鷆
⊇?
心の悩みの解決

この学会参加を機会に、微力ながら不妊に苦しんで悩んでいる女性や夫婦の
手助けができればと考えています。
そこには、東洋医学(鍼灸治療)による積極的な治療も含まれるのは論を待ちません。

椎間板ヘルニア

【腰椎椎間板ヘルニア】

当院の受診患者さまのなかで、主訴が「腰痛」を訴える方は約30%あり、
受診患者さまのなかで最も多くなっています。

「腰痛」と一言でいっても様々な原因に分かれ、痛みの種類や病気の経過も
異なります。
急性腰痛「ギックリ腰」の原因は椎間関節や、仙腸関節の捻挫が多く、
痛みが激しい割には比較的早く治癒するケースがほとんどです。

慢性腰痛の場合は原因が様々で、その多くは腰椎や椎間板に何らかの異常
がみられることが多く、年齢構成で見ると、20歳代~50歳代までは腰椎椎間板ヘルニアが最も多く見られます。(下肢の症状が全くなくても)
受診前に整形外科などを受診し、正しく診断されている場合が多いのですが、X腺検査だけで異常なしと診断されて、当院よりMRI検査を依頼して初めてヘルニアがわかる場合も多くなっています。

椎間板ヘルニアは、理学的な検査やX腺検査、MRI検査を経て正確な診断が
できるので、整形外科の受診歴がない方で、椎間板ヘルニアが疑われた場合には、症状の程度によっては当院からMRI検査を依頼して、画像を確認させていただいております。
当院では腰椎椎間板ヘルニアと正しく診断されただけで、100例以上の症例があり、そのうち症状緩解又は治癒に至った症例は約80%です。
鍼灸治療をしても痛みが緩和せず、結果的にPLDDや顕微鏡下によるOpeに至った例は2~3%ありますが、受診に至るまでに神経ブロックなど、西洋医学の治療を受けても緩解せず、あとは手術しか方法がないといわれ、鍼灸治療を続けて治癒した例なども数多くあります。

花粉症と鍼灸

今年(平成22年)の冬は厳しい寒さが続くので、
スギ花粉の飛散は遅れているようですが、
患者さんのなかには、早くも花粉症を訴える方もが増えてきました。

なぜ花粉症にによる症状が出る人と、出ない人がいるのでしょうか?
当院では花粉症になりやすいタイプを分類し、根本的な原因(内因)
を調べることで、治療に役立て養生法の指導をさせていただいています。
1・脾虚湿盛
  胃腸の弱りで体内の水の代謝が低下し、水邪、湿邪を形成する。
  鼻水があふれ出るようなタイプに多い。
  飲食の不摂生も関係します。
2・肺気虚
  元々肺の機能低下があったり、風邪を引くことがきっかけで
  鼻水・鼻づまりが起きやすくなります。
3・肝気上逆
  イライラやストレスがにより、肝気が上逆し発症する。
  眼の痒みや、鼻から喉にかけての違和感が生じます。
4・腎虚
  先天的な虚弱体質、持病が長期化したり、過労により腎精を消耗する。
  津液が停滞し鼻水が溢れる。
5・脾胃湿熱
  体質的に湿熱傾向のある方(油ものや味の濃いものを食べすぎ、
  酒の飲みすぎなどにより、湿熱が脾胃に停滞し眼の痒み眼の充血
  がみられる。

ざっとこのような原因に分類して治療をします。

花粉症になりにくい体質にするには
1・ストレスをためない
2・イライラしない
3・脂っこいものや、スナック菓子等の過食、お酒の飲みすぎ、
  水分の取りすぎに注意する。
4・風邪を引かないよいうに休養、睡眠を充分とり、
  うがい手洗いをしっかりする。

これだけのことに注意しても花粉症が治らない方には鍼灸治療を
お勧めします。当院では87%の有効率です。
[http//www.n-acp.com]

眩暈(めまいと鍼灸

症例報告
嘔吐を伴う眩暈は急に発病し、ひどいと食べることも動くこともできなくなる
怖い病気ですが、本日、鍼灸治療が著効を現したので報告します。

主訴:吐き気を伴う眩暈(めまい)
患者:61歳女性
現病歴:3日前の朝起床時に急に回転性のめまい発症、数回嘔吐する、
    かかり付けの病院で点滴を受けるが症状に変化がない。
    昨日イチゴを食べたが吐いてしまう。胃がムカムカして何も食べられ    ない。起き上がるときには眼をつぶっていてもめまい
    がする。
所見:3日間で4キロ痩せ、気色は白く、元気がないが、神はあり。
   脈診は浮弦数、舌診は微黄の膩苔(べとべとした苔写真参照)
   強い口臭、腹診では心窩部に熱邪を触れる。
   眩暈が起きる前日に焼きそばやチーズ等を食べ過ぎたとのこと。
弁証:痰濁中阻による眩暈
処置:清熱化痰を目的に、長さ30ミリの直径1番(0.16ミリ)鍼で左の
   内関、太衝に10分置鍼。その後右の肝兪、脾兪に10分置鍼。
   処置後に脈緩み。眩暈が軽減したので、治療を終える。
翌日:治療後の夜に少しお腹が空き、おかゆを食べたが吐くことはなかった。
   眩暈はほとんど感じない、胃のむかつきが残っている。
処置:左内関、公孫に10分置鍼、足の三里に半米粒大で八分灸を7壮すえる。
   治療後には元気が出て食欲が出てきた、めまいは消失した。
考察:脂っこく消化の悪いものの過食によって、脾の運化が失調し、痰湿が
   生じ、精陽の昇るのを阻害したと考えられる。

中医学による眩暈の分類は以下の通りです。
実証 肝陽化風(ストレスや怒りによって発症しやすい)
   痰濁中阻(飲食の不摂生が原因となることが多い)
虚症 陰虚陽亢(陰虚による虚熱が上亢しておきる)
   中気不足(胃腸の虚弱の体質や過労が原因)
   心脾両虚(過度の過労や出血のために心脾が虚損して上部の栄養障害
        によておきる)
   腎精不足(老化による腎気の虚弱で髄が満たされないために発症)

写真によって少し黄色がかって、べとべとした舌の苔の状態がよく分かると思います。脾(消化吸収の機能)が弱るとこのような舌になります。
このように、中医学では眩暈の分類をしており、詳しい問診や体表観察、脈診
や舌診、腹診などによって、病態を弁別して治療の方針を立てるのです。

めまいや頭のふらつきなどには鍼灸治療をお勧めします。

不妊治療

妊娠しました!

月経不順と不妊症で通院していたMさん(30才)が結婚3年目で、この度
めでたく妊娠が確認できました。
この患者さまは「気血両虚」という症で、1年間週に1回の治療を続けた結果、
体質改善ができ妊娠につながりました。
不妊症には「肝鬱気滞」「瘀血」「気血両虚」「腎気虚」等その原因は様々です。
生理不順や、冷え症はもちろん、治療が長期にわたる場合は、不定愁訴が多いタイプが多いようです。
臨床家にとって、不妊症の患者さまの妊娠の成功ほど苦労の報われる治療はありません。Mさん本当に良かったですね、おめでとうございます!

逆子の治療

いわゆる「逆子」の治療に鍼灸が有効なのはまだあまり知られていません。
妊婦さんが産婦人科を受診中に「逆子」と診断されるのは28週頃からが多いようです。
鍼灸治療で最も有効な治療期間は28週から32週の間で、当院でその間の成功率は約80%です。
やはり早期の治療が最も効果的です。
【症例】
10月31日に来院された24歳の第2子の妊婦さんは30週と6日でした。
三陰交という下腿内側のツボに鍼を10分間置鍼して、温灸をし、右の肩こりのツボに3本置鍼しました。11月2日産婦人科でエコー検査で正常位に戻ったことが確認されました。この症例は1回の治療で成功した例ですが、平均すると3~4回で正常位に戻ります。
しかし、あくまで、28週から32週の間で早ければ早いほど効果的です。
また、経産婦さんも成功率が上がります。
逆子と判ったらお早目の受診をお勧めします。

研修会

26日に京都で北辰会の夏季研修会が開催され、参加してきました。

私が参加したのは、体表観察・実技上級者コースで、
苦痛を訴える患者さまにたいして、どういった手法で診察し、治療をするかという、鍼灸臨床の最も大切かつ、奥の深いテーマでありました。

体表観察とは・・
生体の体壁を治療家の手指をもって、直接按じて診ることを中心として、
体表及び体内の状態を察知することであり、この中には、気色、色、形態等を視覚を通して観察することなど、直接体表に触れないで行う間接的体表観察も含まれます。

その内容は、
1・顔面診 2・眼診 3・爪甲診 4・舌診 5・脈診6・腹診 
7・原穴診 8・背候診と数多く、一つ一つここで解説するのは膨大な内容になるので今日は控えますが、東洋医学では、西洋医学と大きく違うのが、この体表観察の内容の深さであるといえます。検査機械や血液検査などの数値だけでは現れない、微細な体表の病的な状態を、見て、触って、詳細に観察することがとても大切なのです。

体表観察した結果として、どういった治療をするのかという、治療方針が見えてくるのです。