イップス緩解

トロンボーンの演奏中不随意に下顎が動くので

演奏が出来ない患者様

ジストニアの疑いで来院されるが、イップスと考え

鍼治療をすること2回

驚くことに8年間全く変化なかった症状が消失

音楽家の悩む不随意運動(イップス、ジストニア)

への鍼治療の有効性が示唆された

11月30日(水)臨時休診・12月1日(木)診療・12月3日(土)臨時休診(学会参加の為)

11月30日(水)  臨時休診

12月 1日(木)  診療

12月 3日(土)  臨時休診(学会参加の為)

以上よろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス感染後遺症について

過去にブログで有効症例を複数報告してきたが、

鍼灸の専門誌でも新型コロナウイルス感染後遺症の分析、症例報告が増えてきている

【鍼灸治療が適応する代表的な罹患後の症状】

〇疲労感・倦怠感〇関節痛〇筋肉痛〇咳〇喀痰〇息切れ〇胸痛〇脱毛〇記憶障害〇集中力低下

〇不眠〇頭痛〇抑うつ〇嗅覚障害〇味覚障害〇動悸〇下痢〇腹痛〇睡眠障害

罹患後の症状については画像検査や採血検査で異常や重症度を示しにくく、

西洋医学的な評価やアプローチが難しい面があるので、

東洋医学的な評価とアプローチが注目されている。

全身倦怠感、思考力の低下【気虚・気滞】

ブレインフォグ、集中力の低下、睡眠障害、脱毛【血虚】

嗅覚障害【肺陰虚】味覚障害【脾虚】等々

治療効果を上げるためには症状による対症療法ではなく、弁証論地が重要になる

当院では感染後遺症に対して90%程度の有効率である

緑内障の有効症例

60代男性

X-10年緑内障発症

大学病院で眼圧を下げる点眼薬をするも

眼圧左右17

視力の低下も著しく3ヶ月以内に失明すると言われ来院

X-2年週に一回の鍼灸治療を開始

2年が経過

眼圧は右14左12に下がりつつあり視力も徐々に回復し

日常生活に支障ない生活が維持できている

弁証:腎虚・肝血虚と診たて、養肝補血、補腎の治療が奏功している症例

ガングリオンについて

ガングリオンはゼリー状の良性の腫瘤で

頸部、臀部、肘、手首、手指の関節付近に多く発生し

直径2mm~30mmぐらいの大きさが多い

自然治癒しにくく、外科ではつぶしたり、注射で吸引する処置をしても

再発しやすいようだ

稀に神経を刺激し痛みを伴う場合もある

この疾患に鍼治療はとても有効で

今まで症例ではほぼ100%効果が認められた

経過を観察していると、自然に吸収されていく過程がみられ

鍼治療がひとの本来持っている自然治癒力を引き出すことを実感する

症例カンファレンス

毎日午前、午後の2回診療終了後に

受付以外の全員参加で新患患者の症例カンファレンスをしている

問診したスタッフが現病歴を報告し

治療担当者が治療方針、治療内容などを解説する

始めた目的は病態把握や弁証論地、治法の学びになるから

今日の新患カンファレンスは

めまい、突発性難聴の症例

発表者の柘植先生は国際中医師の資格取得を目指して勉強中

内服中の漢方薬の効能、主治、中医学的な情報の分析について

しっかり自分の意見が言えるようになって嬉しかった

一方通行の報告ではなく、今日のように意見交換することがとても大切と考えている

頸部ジストニア経過良好

頸部ジストニアは首が不随に左右に回旋する難治性疾患

40代男性

半年前から頸部が常時右に回旋したままの状態になり

脳神経外科などで精査をするも原因不明と言われ

大学病院で頸部ジストニアによる痙性斜頸と診断される

3ヶ月に一回のボトックス注射と並行して鍼治療を開始

最近では頸部右への回旋は改善し、頸部の筋の過緊張は緩和しつつある

難治性の頸部ジストニアに対する鍼灸治療の有効性が確認された症例

秋の養生

台風が続けて日本列島を通過

気圧の変化に影響を受けやすい症状に

頭痛・耳鳴り・難聴・めまいなどがあり

最近では気象病という病名もあるようだ

秋分の日を境に朝晩は気温が低下し、日中は30℃前後に気温が上がると

上下の寒熱のアンバランスが生じ

上焦(横隔膜から上の上半身)に熱がこもりやすくなる

気圧の変化と同様の症状+アトピー性皮膚炎・頸肩こりなども増悪する

秋の養生法としては足を冷やさないように靴下を履き、入浴で下半身をしっかり温める

冷たい飲食は控えるといったことが必要になる、空気も乾燥し始めているので

部屋の保湿も必要になってくる

冬に向かっての準備でもある

自然のチカラ

たった一本の鍼で身体が変わっていくと

ヒトが本来持っている自然治癒力の素晴らしさに驚かされることが多々ある

以下は鍼治療と湿潤療法が奏功している症例

リベド血管症という皮膚潰瘍の重症例が

長年大学病院から処方されていた塗付薬をやめ

ズイコウパッドという火傷や床ずれの治療に用いる湿潤療法

を取り入れてから皮膚潰瘍が改善し新生上皮細胞が再形成され始めた

今までの皮膚科の常識からありえない事実を

大学病院の皮膚科の専門医がどう受け止めるのか注目している

新型コロナワクチン後遺症にも有効

1年前から新型コロナワクチン接種後の全身倦怠感・味覚異常・60代男性

西洋医学・漢方薬で治療が難渋しているとのことで、

名大病院総合診療科から紹介され来院

湿痰・肝脾不和と診たて治療開始

全身倦怠感は数回で消失

味覚異常は甘味以外は90%改善

その他の不定主訴も消失

感染後の後遺症に鍼灸治療が有効なのは過去のブログでお伝えしたが

新型コロナワクチン後遺症にも有効であることが確認できた